2016年07月05日

子どもの包括的地域支援センターの取り組み

いよいよ、今月から八千代市でも始まる「こども食堂」

以前より私も、思い描いていたことですが、残念ながら、今回は全く関わりなく始まります。

政府の進めるこども貧困対策の中で、全国的に広まっています、私もしっかりと、見守っていきたいと思っています。

しかし、「こども食堂」だけではなくて、全体的な子どもに対する支援が、今後はとても重要で、様々な課題に対しての取り組みが必要になると思います。

「保育園の拡充」「学童保育」「こどもの安心、安全な居場所の確保」だけではなく、宿泊やショートスティ、緊急的な一時預かり等、又、親の相談窓口だったり、子どもに関する様々な事態に即応できる包括的な支援のできるシステムが必要になると思います。
そういった意味でも、子ども包括支援センターの取り組みは、重要です。

次は、子どもの包括的地域支援センターを推進していきたいと思って頑張って参ります。
posted by 正田ふみえ at 00:23| ブログ